有利になる理由

競売よりも任意売却のメリットは大きなものです。
競売にかかえられて家を手放したの70%は、任意売却をすればよかったと考えているそうです。
任意売却に踏み切れない理由は、「もしかしたら返済できるかもしれない」という期待が残っているからです。
しかし、そのように考えているうちに、競売に移行してしまい、任意売却をするにも手遅れになってしまうことが多いのです。
任意売却は、市場価格に近い相場で売却できます。
競売の場合だと、よくて市場価格の7割なのです。
悪いと5割程度で落札されてしまいます。
売却額が安いと、売却後も多額の負債を抱えてしまうことになります。
住宅を失ったうえに、借金に苦しむことになるのです。
任意売却の費用に関しては、売却額から捻出することも可能なので、自身ではお金を用意しなくていい場合もあります。
初期相談についても、無料で対応してくれる弁護士事務所が多いです。
相談するだけならば、何のリスクもありませんから、まずは相談してから任意売却を行うべきか判断しましょう。

任意売却をして競売を避けるために。

折角入手した大切な家でも、ローンが支払えない理由が起きてしまって、手放さなくてはならない事情が生まれる事があります。
特に昨今の不況などでお仕事を失われたかたなどは、ローンが払えなくて、競売にかけられてしまう、というような事が起きているようです。
競売は買うものの側からしてみたら安くいい物件を購入できるのでよいですが、売る方としては、折角買った家を、適正価格の半額位で売らなくてはならず、これではローンだって返しきれません。
また新聞に公告されてしまうとご近所などにも知れ渡るので居心地が悪いです。
こんな状況を避けるために、任意売却という方法があります。
これならば普通に売るのと変わりないので、少しでもマーケットプライスに近い価格で売却できるので、その分ローンを少なくすることができます。
任意売却をする為にはいくつかクリアーにすべき、ポイントもありますが、もし、あなたが任意売却するに値する場合は、是非競売よりも、任意売却をおすすめいたします。