もしも尼崎で新築一戸建てを購入するなら

尼崎の不動産で失敗しない方法

この画面は、簡易表示です

競売するならば

知人がよく競売の物件を購入して居ました。
競売だと市場価格の半額から7割方の価格でいい物件を購入できるそうです。
何故そんなに安いのか、不思議に思ったのですが、調べてみると、競売物件というのは、借金返済ができなくなってしまった人の家を差し押さえて、それを競りにだして、少しでも返済に回す、という方法だから、安い、という事がわかりました。
買う側にとってはよいですが、売る側にしてみたら、気の毒極まりありません。
売り手にしてみたら、競売は避けたい、というところだと思います。
では競売を回避するには、どうしたらよいのでしょう?答えは、任意売却です。
この方法ならば、少しでも持ち主の意向をくみ取ってもらえる余地があるのです。
また競売と違い、任意売却ならば普通に家を売却するのと同じ要領で売却できるので、少しでも高い金額で売却することができます。
新しい生活を始める上で、お金はとても大切です。
少しでも高く家を売り、ローン返済して新しい門出をするためにも、忍に売却はありがたい制度ですので、競売をするよりも任意売却をご考慮頂くとよろしいかと思います。

高齢化問題と任意売却

日本は高齢化が進んでいますが、その中でもご高齢者の一人暮らしが増え、税金などを滞納して支払えない状態が続いてしまうために、家を差し押さえられてしまうという事態になる事があります。
差し押さえになると、競売になってしまいます。
競売になると強制立ち退きなどを言い渡され、ご老人にこれ以上の苦労を味あわせるなんてことはできません。
しかし、競売をするまえに、任意売却という方法で、ご自宅を売りにだし、通常の不動産売却の方に売却することで、残高を返済し、また引越し費用を用立て、強制退去ではなくて、少し余裕を持った明け渡しプランを作成することができるのです。
人というのは落ち着いて考えればいいアイディアが浮かびますが、債権者や裁判所にせかされると、いいアイディアが浮かばず、パニックになって競売しか道がないと思ってしまうかもしれませんが、任意売却ならば、少しでも後々気持ち的に楽な返済となります。
ご高齢でご自分であれこれと動けない方の為に、予め法的な申請をしておけば、第三者でも任意売却の契約を行う事ができますので、事が起きる前に、無料相談を受けられると知識が増えてよいでしょう。





top