もしも尼崎で新築一戸建てを購入するなら

尼崎の不動産で失敗しない方法

この画面は、簡易表示です

返済から逃げない人

任意売却という手段を利用する人は基本的には逃げない人だと思います。
というのも借金を踏み倒す方法ではないからです。
自分の財産である不動産を売却してその売却益で債務を返済するのですから非常に誠実な方のする手段だと思います。
ですのでもしも任意売却をして自己嫌悪に陥っているのでしたら、気にする必要はありません。
また、任意売却は売却した後の借金の返済もかなり楽になりますので自分にとってもかなりメリットのある方法なのです。
自分のプライドを守ることもできますし、相手にも迷惑をかけません。
ちなみに競売で家を失ってしまった人はすごく悩む方も多いのだそうです。
結局こちらも家がなくなることでは同じことですが、自分の意思で売ってしまうのと強制的に売却させられるのとではかなりの違いがあります。
どんな困難からも逃げたくない、連帯保証人にも迷惑をかけたくないという方こそお奨めしたい手段なのです。
私も困ったときにはこの手段を使ってみたいと思います。

借金するくらいなら任意売却

住宅ローンは長期にわたる借金です。
ですので途中で仕事がうまくいかずに返済がかなり大変になることがあります。
それが解決すればいいのですが、住宅ローンは三ヶ月から半年ほど返済が滞ってしまいます損害金を支払って許してもらうことさえ出来なくなってしまうのです。
そうならないように消費者金融から借金をする方もいらっしゃるかと思いますが、それは絶対にやめてください。
これは全く解決にはなりません。
ただ先延ばしにしているだけにしか過ぎないからです。
そのようなことをするくらいでしたら任意売却をしてしまってください。
そうするとかなり気が楽になります。
もう既に借金を作ってしまっているという方も任意売却をすることによってかなり安心するかもしれません。
もう督促におびえる必要も無いのです。
ですので自分の心の安心のためにも借金をするくらいなら任意売却のほうを選んでもらいたいと思います。
一番賢明な手段かも知れません。
自分の家族をも守ることができます。





top